細菌:緑膿菌 | 医院ブログ|子供と一緒に通える歯医者|熊本市東区「あらた歯科」

医院ブログ

医院ブログ

細菌:緑膿菌

こんにちは♪

 

今日は”細菌:緑膿菌”についてです。

<どんな病気?>

明日、更新いたしますがグラム陰性桿菌が肺に感染して起こる肺炎です。

この細菌が分泌する色素によって、たんや膿が青緑色になるので

緑膿菌と呼ばれています。

緑膿菌は口の中に常在している他、湿った環境で繁殖することができるた

め、石鹸や殺菌が不十分な医療材料からも感染することがあります。

緑膿菌肺炎は通常、口の中やのどに付着した菌が体の抵抗力が落ちたと

などに気管や気管支に入って気管支炎を起こし、さらに肺に入って

肺炎を起こすことが多いのです。

 

<症状>

通常、ゾクゾクする寒気と震え、38℃以上の発熱、呼吸困難、多量の

悪臭をともなう緑色のたん、血たんをともなうこともあります。

高齢者の場合は必ずしも高熱が出るわけではなく、意識障害

現れることもあるので大変危険です。胸痛はまれです。

 

<予防>

お口の中の細菌によって発症することが多いので、毎食後の歯磨き

うがいを良く行い、口の中を清潔に保ちます。

 

歯磨きをすることによって予防されるなら!!!

歯磨きを忘れずに毎日習慣的に行いましょう。

 

本日の予約状況は

15:00~

16:40~枠がございます。

その他のお時間はご予約の患者様でいっぱいですので

空き次第のご案内となりますので1度お電話にて

空き状況の確認をお願いいたします。

 

今日も1日宜しくお願いいたします♪

 

診療メニュー

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • インプラント
  • 口腔外科

電話をかける

WEB予約