初診時って何するの? | 医院ブログ|子供と一緒に通える歯医者|熊本市東区「あらた歯科」

医院ブログ

医院ブログ

初診時って何するの?

こんにちは♪

 

今日は”初診時って何するの?”です。

・歯石を取って欲しい

・虫歯がないか診て欲しい     などなど

特に痛みはないが口の中を見て欲しいという方が

増えてきました。嬉しいことですね♪定期的に歯石を取ったり

することによってお口の中の状態はかなり改善されます!!

~受付~

はじめに受付では問診表の記入をお願いいたします。

※保険証を必ず持参されてください。

~診療室~

あらた歯科ではまずお口の中の状態を検査します。

どの歯に被せ物・銀歯・詰め物・入れ歯等が入っているか

虫歯がある歯はないか、抜歯が必要な歯はないかなど

はじめに大切な検査をします。

 

骨の状態や虫歯の状態等を診る為レントゲン撮影を行います。

骨密度の程度や虫歯の大きさ、歯と歯の間に虫歯がないか

レントゲンを撮ることにより虫歯のない口腔内環境が得られます。

 

お口の中と顔貌写真を撮ります。

自分の歯を見る機会ってなかなかないですよね・・・。写真を

撮ることによってどこに虫歯があるか、歯周病になっているか

歯石がついているか歯並びがどうなっているのかを見ることが

出来ます。顔貌は顔のずれを見ていきます。顔に対して歯の位置が

正常な位置にあるか、顎のずれがないかを見ていきます。

 

骨の状態を詳しく検査していきます。

歯と歯茎の境目にプローブというメモリがついた器具で骨の

下がり具合を見ていきます。正常な方で2~3mmです。奥歯など

磨きにくい所は4mm以上ある方が多いです。10mm以上になると

歯がグラついたりします。(歯周病の検査です)

 

ブラッシング指導

歯科衛生士によるブラシの当て方を見ていきます。特に歯と歯の

間や奥歯の頬側、歯の裏側を中心に見ていきます。ブラシ圧や

ブラシの握り方、毛先の方向などしっかり教えます!はじめて

ブラッシング指導を受ける方は今までの磨き方と全然違ったと

言ってビックリされる方が多いです。歯を赤く染め出してどこに

汚れが残っているかをみて頂きますので注意して磨かれると

いいと思います♪

 

歯石取り

歯茎の状態によってその日に歯石取りができるかできないかを

判断します。出血や腫れがある方はブラッシング指導を元に

次回の予約までしっかり磨いていただいて歯茎の状態がよくなり

次第歯石取りを行います。出血や腫れがある状態で歯石を取ると

激しい痛みがあります。そのため状態が良くなるまでは歯石を

取りません。大体の方は2回目で歯石取りを行います。

歯石取りが痛くて嫌だという方は歯肉の状態が安定しきれていない

ことも考えられますので、歯石取りで痛みがある際はすぐに

スタッフにおっしゃってくださいね♪

 

お口の中の写真と顔貌写真を見ながら先生とお話しします。

カウンセリング室で院長とたくさんお話されてください。今後の

治療方法や大体の期間等をご説明されます。カウンセリング室は

診療室とは少し離れているので診療室では話しにくいこと、

聞きたいこと、保険外についてなどお気軽にお話ください。

診療室には聞こえず、個室になっているので周りにいらっしゃる

患者様への心配は必要ありませんので気にせずお話できます。

~受付~

会計、予約

最後に次の予約を取って終わりになります!!☆

 

今日は木曜日です♪

14時までの診療となりますのでお間違えのないよう

来院お願いいたします☆

本日の予約状況は

13:00~のみ空きがございます。

13:00~もお待ちいただくことになりますので

ご確認に上お電話をお願いいたします♪

 

今日も1日頑張りましょう☆

診療メニュー

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • インプラント
  • 口腔外科

電話をかける

WEB予約