キシリトールは虫歯にならない? | 医院ブログ|子供と一緒に通える歯医者|熊本市東区「あらた歯科」

医院ブログ

医院ブログ

キシリトールは虫歯にならない?

こんにちは♪

今日は昨日に比べて気温が下がっていますね・・・

通勤中は寒かったです。天気予報では明日がもっと

寒くなるということでした・・・風邪には気をつけてくださいね!!!

 

今日は”キシリトールは虫歯にならない?”です。

私もキシリトールについては全くわかりません。調べている中で

学んだことを皆さんと共有できたらと思います☆

 

キシリトールについて1つ間違えてはいけないことがあります。

「キシリトールを食べれば虫歯にならない」という考えです。

キシリトールの特徴は「虫歯になりにくい環境を作る」ことです。

 

☆キシリトールは天然素材で果物・野菜の中に含まれている甘味料

です。このキシリトールは口の中で”酸”を全く作りません。

プラークを付きにくくする効果と剥がれやすくする効果があり、

歯の再石灰化を促してくれることも特徴です。

 

気をつけること

・キシリトール配合ではあるが50%以上か確認!!!

スーパーやコンビニでは30~70%のものが多いです。

・キシリトール以外の甘味料が含まれていないか確認!!!

他の糖分が入っていては意味がありません。

 

おすすめは歯科専売の”XYLITOL ガム”です。

あらた歯科では販売しておりませんが、このガムは

キシリトール100%なのでお子さんにも

安心して噛んでいただくことができます☆

 

効果的な食べ方

・歯磨きの後に

せっかくのキシリトールでも食べかすが残っていては意味がありません

ので清潔な状態で食べましょう。

・唾液は飲み込まない

出始めた唾液は5分以上飲み込まないようにしてください。唾液の中に

キシリトールが流れ出しているのでお口全体に行き渡るようにしましょう。

・就寝前に

食後の口の中は酸性となります。長期摂取し続けることによって効果が

出ますので最低3ヶ月は続けましょう。摂取をやめてしまうと、

ミュータンス菌が増え始めてしまうので継続しましょう。

 

今からでも遅くはありません。ガムを噛んで歯が守られるなら

継続してみよう!と私は感じました♪

皆さんが聞きたいこと気になることがあればお電話でもいいので

聞ういてくださいね☆

 

本日の予約状況は

11:00~

18:00~に枠がございます。

ご予約の際は1度お電話をお願いいたします♪

 

今日も1日宜しくお願いいたします☆

 

 

 

診療メニュー

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • インプラント
  • 口腔外科

電話をかける

WEB予約