歯周病と喫煙 | 医院ブログ|子供と一緒に通える歯医者|熊本市東区「あらた歯科」

医院ブログ

医院ブログ

歯周病と喫煙

こんにちは♪受付のよっしーです★

 

今日は”歯周病と喫煙”についてお話します。

これを読んだら現在喫煙されている方も禁煙の努力を始めるかも・・・!

そんな期待を持ちつつ記事を更新します♪

 

まずは非喫煙者と喫煙者のお口の中の違いについてお話します。

非喫煙者のお口の中

・みずみずしいピンク色の歯肉

・光沢のある白い歯 ・おいしい食事 ・爽やかな息

・健康な歯周組織

 

喫煙者のお口の中

・メラニン色素による歯肉の黒色化

・タールの沈着による歯面の着色 ・味覚の鈍麻

・不快な口臭 ・進行した歯周病

 

タバコは3大有害物質(ニコチン・タール・一酸化炭素)をはじめ、

4000種類以上の化学物質、200種類以上の有害物質、50種類以上の

発がん物質が含まれています。

 

☆喫煙者は非喫煙者に比べて2~8倍で歯周病にかかりやすくなります。

 

歯周組織への影響はニコチンによる血管収縮作用や一酸化炭素の

素粒子の作用により歯肉が炎症してても出血が抑えられ、表面が

硬くゴツゴツした状態になってしまいます。喫煙者は唾液の分泌量が

低下するため、細菌の繁殖を抑えづらくなり、歯垢や歯石が増えて

しまいます。喫煙は歯周病になりやすく、治りにくいです。

 

禁煙のメリット

20分・・・・・手の体温がせいじょうにまで上昇する

8時間・・・・血液中の酸素が正常値に戻る

24時間・・・心臓発作のリスクが減り始める

48~72時間・・・ニコチンが体から完全に抜ける

72時間・・・気管支の収縮がとれ、呼吸が楽になる

数日~数週間・・・歯肉の血流が正常値に戻る

2週間~3週間・・・肺機能が30%UPし、歩行が楽になる

1年・・・・血栓症や心臓発作のリスクが半減する

5年・・・・肺がんのリスクが半減する

10年・・・・口腔がん、咽頭がんのリスクが減少する

 

日に日に体がよくなるのは魅力的ですね♪

喫煙者の方の禁煙が何よりも嬉しいです☆皆さん頑張りましょう!!

 

本日の予約状況は

15:00~

16:00~に1枠ずつご案内できるお時間があります。

来院を希望される方は1度お電話をお願いいたします♪

お待ちしております☆

その他のお時間はいっぱいですので

お待たせすることになりますのでご了承ください。

 

今週木曜日の午前中は外科手術のため午後からの

診療となりますので宜しくお願いいたします☆

 

今日も1日宜しくお願いいたします!!

診療メニュー

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • インプラント
  • 口腔外科

電話をかける

WEB予約