プラーク(歯垢)がつきやすい食べ物 | 医院ブログ|子供と一緒に通える歯医者|熊本市東区「あらた歯科」

医院ブログ

医院ブログ

プラーク(歯垢)がつきやすい食べ物

こんにちは♪

 

今日は”プラーク(歯垢)が付きやすい食べ物”です。

プラークとは・・・

食べカスが歯の表面につき、細菌が繁殖したものです。

白くネバネバしており、食後8時間程度でプラークができるといわれており

プラーク1mgの中にはおよそ300種類1億個の細菌が存在しています。

 

プラークが付きにくい食べ物

肉、魚、野菜、リンゴなどの硬く繊維性に富んでいるもの。

その他に、インゲン豆、小豆、おから、こんぶ、グリンピース、きくらげ

ひじき、かんてん、のり、ごま   などなど・・・

                 

歯だけではなく、排便もスムーズにするため便秘になりにくいです。

摂取量が不足していると便秘や痔になります。

ただし、摂取しすぎると下痢になり、必要なミネラル分まで排出してしまいます。

1日あたり、男性21g、女性17gが基本摂取量です。

 

プラークが付きやすい食べ物

パン、クッキーなどの炭水化物で軟かくネバネバしている物。

糖が多いお菓子や清涼飲料水、軟かいものはできるたけ避けましょう。

どうしても食べたい!!!という方はしっかり歯を磨き、フロス

通すことをお勧めします。

 

本日の予約状況は

11:20~に1枠空きがあります。

その他のお時間はお待たせすることになりますので

本日予約を希望される方は1度お電話をお願いいたします♪

 

今日はポッキーの日です!!!

皆さん、ポッキーを食べた後はしっかり歯を磨きましょう☆

もちろん、プリッツを食べた後もしっかり磨いてくださいね

今日も1日宜しくお願いいたします☆

診療メニュー

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • インプラント
  • 口腔外科

電話をかける

WEB予約