歯石はどのくらいでつきはじめるのか? | 医院ブログ|子供と一緒に通える歯医者|熊本市東区「あらた歯科」

医院ブログ

医院ブログ

歯石はどのくらいでつきはじめるのか?

こんにちは♪

今日は”歯石はどのくらいでつきはじめるのか?”です。

歯石って何?

歯石とは・・・歯の周りに付く石のようなものです。

プラーク(歯垢・細菌の塊)が唾液の中のカルシウムやリンなどの

ミネラル成分と結びついて石のように固くなったものを歯石といいます。

 

なぜ歯石は取らなければいけないのか?

歯石自体は石なので悪いものではありません。

歯石は軽石のように小さな穴があいていて、そこに細菌が入り込み

住処とするためそこで繁殖してしまうのです。そして毒素を出します!!

この毒素が歯茎を腫れさせたり、歯の周りの骨を溶かす歯周病の

原因になります。

歯周病は糖尿病、心臓病、脳卒中、慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症、

癌、早産などの合併症を伴うことがあります。

 

歯石はいつ取ればいいの?

基本的には3ヶ月に1回の定期検診のときで大丈夫です。

ですがあらた歯科では、クリーニング(エアフロー)を毎月して頂いてる

患者様は、クリーニングのときに一緒に歯石も取っているので

料金はクリーニングの料金のみになります。

 

クリーニングはどんな効果があるの?

歯の表面にはバイオフィルムというバイ菌の膜があります。

この膜が虫歯を作ってしまうのでとってあげる必要があります。

そこで、あらた歯科ではエアフロー(マスターピエゾン)をおこなっています。

保険での歯石取りは歯茎の検査も行うので3000~4000円かかります。

そのため、3ヶ月に1回だと保険に戻るのでエアフローも行うと

6000~7000円ほどかかります。なのでおすすめしているのは

毎月エアフローをしていただくことです。歯石も取れますし、着色も

取れますし、バイオフィルムも落とせます!!!エアフロー

料金は3780~5400円です。着色の付き方で料金が変わります。

エアフロー後は大人の方もフッ素を塗りますので、虫歯になるリスクを

とことん減らしています!!!もちろん、自宅でのセルフケアが

1番ですが・・・。気になる方はお電話を♪

 

本日の予約状況は

15:00~17:00の間は比較的どのお時間もご案内できるかと

思いますが、ご予約の際は1度お電話をお願いいたします♪

18:00以降はお待たせすることになりますので

お痛みのある方は早めに来ていただくかお待ちいただくことになりますので

ご了承ください。宜しくお願いいたします♪

 

今日も1日宜しくお願いいたします☆

診療メニュー

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 高齢者歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • インプラント
  • 口腔外科

電話をかける

WEB予約